東京中央美容外科 新宿院
MENU
東京中央美容外科 新宿院電話link
東京中央美容外科 新宿院web予約link

TCB式ヒアルロン酸豊胸
【ヒアルロン酸豊胸】

TCBグループ独自開発の高性能ヒアルロン酸を使用。
理想のバストをメイクする、人気のヒアルロン酸注入式豊胸術。

SUMMARY施術の概要

軽やかで清らか、女性らしさあふれるバストを演出する豊胸術

人間の体内にも存在する安全なヒアルロン酸を乳腺下に注入することでバストアップを図る豊胸術の一種です。ダウンタイムが極めて短く、傷跡もほとんど残らない身体に優しい治療法で、サイズアップだけでなく、左右差の調整や垂れの解消など、バストのデザイン力も非常に優れています。ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されていくため、その持続期間は有限ではありますが、術後のトラブルは他の豊胸術と比べてはるかに少なく、金額的にも低予算で済むことが多いのがメリットです。
TCBグループでは、独自開発した高性能ヒアルロン酸「PURE FEEL」を使用しており、一般的なヒアルロン酸豊胸術よりも持続力を高め、より自然な触り心地を追求しています。

さらに詳しい施術詳細
  1. 施術時間

    15~30分

  2. ダウンタイム

    3日~1週間

  3. 完成まで

    1ヶ月

  4. 通院

    不要

こんな方にオススメ
バストアップしたいが切開には抵抗がある方
周りに気づかれず、少しずつ大きくしたい方
谷間の部分だけ等、部分的に張りを出したい方
授乳後、胸の張りがなくなってしまった方

TCB式ヒアルロン酸豊胸が選ばれる理由

PUREFEELMV

TCB式ヒアルロン酸豊胸は、バストアップに適した専用のヒアルロン酸で、まるで水のように軽やかで清らかな、女性らしさあふれるバストを作り上げる、TCBグループでしかできないオンリーワン・バストメイクです。

※東京中央美容外科では、「アクアフィリング」「アクアリフト」等はお取り扱いしておりません。

バストメイクに適した独自開発のヒアルロン酸「PURE FEEL」

TCBの豊富な豊胸症例数が、ヒアルロン酸注入式バストアップを次のステージへ押し上げました。
TCB式ヒアルロン酸豊胸に用いるヒアルロン酸「PURE FEEL」は、ヒアルロン酸豊胸をお受けいただいた多くの方々からのお声、そしてTCBグループがこれまでに築き上げてきた豊富な経験をもとに独自開発したヒアルロン酸です。日本で唯一、TCBグループだけが使用でき、従来品と比べ持続力と保湿力、そして触り心地が格段にアップしています。

美容クリニックがヒアルロン酸を独自開発するというのは非常に稀なことです。バストアップの豊富な症例数、そして関係機関からの多くのご支持を受けてはじめて実現できた、TCBが誇るオリジナルヒアルロン酸「PURE FEEL」による、清らかで女性らしいバストメイクをぜひご体験ください。

豊胸術お手頃価格アイコン

お手頃価格もご用意 お悩みに合わせた施術を

TCB式ヒアルロン酸豊胸は、お手軽に豊胸を体験してみたい方への「スウィート」、より持続性が高く柔らかな「グラマラス」など、患者様のお悩みに合わせたプランを用意しています。さまざまな方にご体験いただける、TCBが自信をもっておすすめするバストアップ術です。

豊胸術バストオーダーメイドアイコン

医師の技術でバストをオーダーメイド

TCB式ヒアルロン酸豊胸の考案者である青木総括院長直々の指導を受けた、優秀なドクターのみが施術を行います。ヒアルロン酸の性能とドクターの技術を組み合わせ、両胸のバランス調整や谷間の強調、バスト下部のボリュームアップなど、患者様が理想とするバストをオーダーメイドいたします。

豊胸術ダウンタイムと手術時間アイコン

短いダウンタイムと手術時間

Tシリコンジェルバッグによる豊胸術は、効果は高いものの、メスを入れることによる長期間のダウンタイム(施術前の生活に戻るまでの時間)を要してしまいます。対してヒアルロン酸によるバストアップは、完全に馴染むまでに日数はかかるものの、傷や痛みといったものはほとんどありません。また、手術時間も15~30分程度と短く、日常生活に支障なくバストアップを行うことが可能です。

豊胸術自由度の高さアイコン

調整が効く自由度の高さ

ヒアルロン酸によるバストアップの一番の長所は、バストデザインの自由度の高さです。もう少しだけバストアップする、部位のバランスを整えるなど、そのデザイン性の高さは従来の施術の追随を許しません。ただバストアップするだけでなく、患者様の理想のバストを作り出すことが可能です。

ヒアルロン酸注入式バストアップのすすめ

一般的な「豊胸」のイメージが強いシリコンジェルバッグによる豊胸術は、効果は高いものの、メスを入れることによる長期間のダウンタイム(施術前の生活に戻るまでの時間)を要してしまいます。対してヒアルロン酸によるバストアップは、完全に馴染むまでに日数はかかるものの、傷や痛みといったものはほとんどありません。また、手術時間も15~30分程度と短く、日常生活に支障なくバストアップを行うことが可能です。

そして何よりヒアルロン酸によるバストアップの一番の長所は、バストデザインの自由度の高さです。もう少しだけバストアップする、部位のバランスを整えるなど、そのデザイン性の高さは従来の施術の追随を許しません。ただバストアップするだけでなく、患者様の理想のバストを作り出すことが可能です。

豊胸術のヒアルロン酸注入方法イメージ01

谷間が欲しい場合

谷間が欲しい場合は胸の谷間の内側に注入します。胸のバランスを整えられます。

豊胸術のヒアルロン酸注入方法イメージ02

全体的にボリュームが欲しい場合

胸全体にかけて注入していきます。注入量を必要としますがしっかりとしたボリュームと持続性を持つことが可能です。

豊胸術のヒアルロン酸注入方法イメージ03

端部にボリュームが欲しい場合

胸の下側をメインに注入していきます。バストトップの位置を高くすることができます。

豊胸術のヒアルロン酸注入方法イメージ04

上部にハリを出したい場合

デコルテラインにハリをもたらしたい場合に上部に注入していきます。グラマラスでボリュームのあるイメージを与えることができます。

ヒアルロン酸注入式豊胸術のアフターケア

術後、カテーテルの注入部に止血用のテープを貼ります。こちらは翌日はずしてください。ブラジャーは当日から使用していただいて結構ですが、強く締めすぎないように注意してください。施術後注入されたヒアルロン酸は、時間とともにある程度吸収され自然になじみます。注入部位は触れて硬い感じがしますが、落ち着くまで1ヶ月ほど様子を見てください。マッサージは基本的に必要ありません。お酒は術後2~3日程度はお控えください。

化膿止め、痛み止めをお出ししておりますが、何か異常があれば服用を中止し、クリニックにご連絡ください。注入後に胸が熱を持ったり、赤かったり痛みが長く続いたりする場合、乳腺に炎症が起こっている可能性があります。ヒアルロン酸を除去する等の措置や内服薬による治療が必要になりますので必ず再診してください。

PRICE料金一覧

基本施術プラン
ヒアルロン酸豊胸 スウィート 1cc 830円
ヒアルロン酸豊胸 スウィートプレミアム 1cc 2,350円
ヒアルロン酸豊胸 グラマラス 1cc 4,510円
ヒアルロン酸豊胸 グラマラスプレミアム 1cc 6,670円

施術プランについて【注入法・種類・持続年数】

TCB式ヒアルロン酸豊胸は、お手軽に豊胸を体験してみたい方への「スウィート」、より持続性が高く柔らかな「グラマラス」など、患者様のお悩みに合わせたプランを用意しています。さまざまな方にご体験いただける、TCBが自信をもっておすすめするバストアップ術です。
一部プランではサイズアップの保証期間も設けておりますので、詳しくはお問い合わせください。

スウィート
持続性|約半年
スウィートプレミアム
持続性|約1年
グラマラス
持続性|約2年
グラマラスプレミアム
持続性|約2~3年

RISK & SUPPORTTCB式ヒアルロン酸豊胸で想定されるリスクと対応

  • しこり・感染症・アレルギー反応

    TCB式ヒアルロン酸豊胸の術後にあらかじめ起こりうる事象として次のような説明をしています。

    1. ヒアルロン酸豊胸術-しこり画像

      しこり

      ヒアルロン酸は身体に元々存在する成分の為、アレルギー反応を起こさないとされていますが、稀に異物と認識されてしまう場合があります。その場合、注入したヒアルロン酸の周りにコラーゲン繊維の被膜が形成され、カプセル化します。これが外から触れてしまう“しこり”の原因です。特に一度にヒアルロン酸を大量に注入したり、粒子の不均一な質の悪いヒアルロン酸を使用するとリスクが高まりますので注意してください。

    2. ヒアルロン酸豊胸術-感染症画像

      感染

      手術中や手術後に体に入った細菌がヒアルロン酸の周囲で炎症を起こすことがあります。勿論、その他の豊胸術(シリコンバッグや脂肪注入)でも起こり得るリスクです。またその確率はその他の豊胸術に比べて一番低く、1%以下と言われています。

    3. ヒアルロン酸豊胸術-アレルギー画像

      アレルギー反応

      原因は2つあります。ひとつ目は、ヒアルロン酸注射に含まれるヒアルロン酸以外の物質がアレルゲンとなった場合。ふたつ目は、しこりの原因同様で注入したヒアルロン酸が体に異物と認識されてしまった場合です。こちらも確率はとても低く0.0012%と言われています。
      さて、あまり知られていないリスクをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ちょっと脅し過ぎたかもしれませんので弁解しておきますと、しこりやアレルギー反応が出れば、ヒアルロニターゼで体内のヒアルロン酸を分解したり、感染が起きれば抗生物質等で対処することが可能です。

MESSAGE青木剛志 総括院長より

青木先生

体感してみてください。美しいバストは自信を呼び込みます。

ヒアルロン酸治療の登場は、美容医療という分野にとってまさしく「革新」とよべるものでした。従来の充填剤と比べて格段に柔らかく、自然で、なにより元来人間の体内に存在するものという安心感があります。ヒアルロン酸の登場により、バストアップの敷居は確実に低くなりました。
バストの形に自信がないという方は、ヒアルロン酸をほんの少し、片側30cc程度でも、勇気を出して注入してみてください。それだけできっと、いつもとは違う明るい気分になって、自信が湧いてくるはずです。

EQUIPMENT使用する器具

  • 専用ヒアルロン酸「PURE FEEL」

    バストアップをお受けいただいた方からの多くのお声と、TCBの豊富な症例数、関係機関からの信頼が生み出した、TCBでしか使用できない高性能ヒアルロン酸です。

    PURE FEELについては下記をご参照ください。

  • カニューレ

    当院では“先端が丸い”カニューレを使用し、注入時の痛みだけでなく、注入後の腫れや内出血までも軽減することができます。そのため、通常のヒアルロン酸注入による豊胸術よりも、ダウンタイムが短くてすみます。

  • 2種類の麻酔

    【笑気麻酔】
    別名「リラックス麻酔」と呼ばれる、医療用ガスを用いた笑気麻酔を施します。鎮痛効果以外にも、緊張をほぐす働きがあります。
    【静脈麻酔】
    静脈内に麻酔薬を注入する麻酔法・麻酔の効きが早く不快感がすくない麻酔です。

PURE FEELPURE FEELの特徴

従来のヒアルロン酸にはない吸収されにくさと触り心地を追求しました。

長い持続期間を実現するクロスリンク機構

ヒアルロン酸は基本的に、鼻やアゴの形成に用いる硬いヒアルロン酸の方が持続期間は長く、シワ取りなどに使う柔らかいヒアルロン酸は体内に吸収されやすく効果が持続しない傾向にあります。
適度な柔らかさが求められるヒアルロン酸バストアップの場合も同様に、一部の硬いヒアルロン酸に比べその効果期間は限定的なものとなってしまいがちです。

PURE FEELは、持続力に優れる高級ヒアルロン酸「LINE Feel Ultra」にも用いられているクロスリンク機構を採用し、2年以上というより長い持続期間を実現しました。

クロスリンク機構の仕組み

ヒアルロン酸はグルコサミンとグルクロン酸が交互に重合した構造を有しており、形に例えると細長い一本のひものような状態です。これに架橋剤を用いて化学的に架橋(リンク)させることで、ひも状のヒアルロン酸同士が結び合って複雑化し、体内に吸収されにくいヒアルロン酸ができあがります。
このヒアルロン酸を特殊な技術でカプセルに包み、カプセル化したヒアルロン酸同士を再度架橋してより複雑な網目状とし、さらに吸収されにくくしたのがクロスリンク機構です。
PURE FEELはLINE Feel Ultraと同様3回の架橋とカプセル化を繰り返し、持続期間の最大化を図っています。

より自然で柔らかな触り心地を追求

バストアップに用いられるヒアルロン酸は、バストを形作る造形力が求められることから、ヒアルロン酸の粒子ひとつひとつが大きくて粘度が高いものが多くを占めます。これらはバストのデザイン性こそ高いものの、本来のバストより硬い感触になってしまうデメリットがあります。
柔らかでドロっとしたイメージがあるヒアルロン酸ですが、同じくバストアップに用いるシリコンジェルバッグと大差ない程度の硬さを持っており、イメージしていた触感と違ったという印象を持たれる方も多くいます。

PURE FEELは、一般的なバストアップ用のヒアルロン酸よりも小さな粒子で製品化することで、本来のバストに限りなく近い触り心地を実現しました。
また、小さい粒子を高濃度に圧縮することで、柔らかさを求めつつも粘度を維持、デザイン性の高さを据え置くことにも成功しています。

MERIT&DEMERIT施術のメリット・デメリット

シンプルで身体に優しい施術
シリコンジェルバッグを挿入するために切開したり、脂肪注入のために脂肪を吸引したりという施術がなく、注射のみで豊胸ができるため、気軽にバストアップすることができます。
左右のバストバランス(大きさ・形)の調整が可能
ヒアルロン酸豊胸は、1cc単位での調整が可能なため、左右の形を整えながらバストアップすることができます。 
周囲にバレずに徐々にバストアップできる
バストアップはしたいけれど、急激なサイズアップで彼氏や家族の人にバレたくないという方は、ヒアルロン酸での大きくしすぎないバストアップがおすすめです。
術後の痛みが少ない、だから手術が苦手・不安な人にも選ばれている

ヒアルロン酸豊胸手術は、他の豊胸術に比べて術後にあらわれる痛みが少ないのが特徴。
個人差はありますが、注入後は数日~1週間程度、筋肉痛よりも少し強めの痛みがあらわれ徐々に消えていきます。

忙しくてお休みが取れなくても手術が受けやすい

ヒアルロン酸豊胸手術は、注入するだけという手軽さが大きな魅力。注入にかかる時間はクリニックや美容外科にもよりますが、平均的に施術時間30分程度で施術を受けることができます。
豊胸手術を受けたいけれど、家庭や仕事で忙しいといった理由で時間を確保することが難しい方でも受けやすいバストアップ方法です。

他の豊胸手術に比べて、施術料金が安い
ヒアルロン酸豊胸手術は、バッグ挿入法や脂肪注入法と比べて施術料金が安い傾向にあります。コストパフォーマンスが高い点も魅力です。
手術後の身体への負担が少ない

その他の豊胸手術と比較して、身体への負担が少ないことも特徴です。シリコンを胸に入れる場合はメスで切開しなくてはなりませんし、脂肪注入では、まずは注入する脂肪を吸引しなくてはなりません。
脂肪を吸引した個所には1ヶ月程度痛みが出るともいわれていますが、ヒアルロン酸注入では注射でのシンプルな施術のため、痛みの少ないバストアップ方法となります。

アレルギー反応が起こりにくい
ヒアルロン酸はもともと私たちの体内に存在する成分です。そのため、異物反応を引き起こしたり、アレルギー症状があらわれることが少ない点から、副作用や失敗が起きにくいバストアップ方法としても知られています。
定期的なケアが必要で永続性がない

バストアップ効果の安定性はヒアルロン酸豊胸の場合、バッグ挿入法や脂肪注入より劣ってしまうといった口コミがありました。先ほどお伝えした低吸収ヒアルロン酸での豊胸では、長い方で3年間の持続性が得られますが、通常のヒアルロン酸豊胸では平均して1~2年程度で身体に吸収されてしまいます。
そのため、胸の大きさ・形など細かな調整を求めている人や、定期的なメンテナンスを行っていきたい人には嬉しい一方で、面倒に感じる方もいるようです。

さわり心地が硬くなることがある
脂肪注入と比較するとヒアルロン酸豊胸の場合、さわり心地が硬くなってしまうことがあります。
定期的に注入しなくては持続することが難しい
生着した脂肪が半永久的にバストに残る脂肪注入と比べて、ヒアルロン酸注入ではそのほとんどが時間の経過とともに体内で吸収されてしまうため、バストアップ効果を維持するためには定期的な注入が必要となります。