東京中央美容外科 新宿院
MENU
東京中央美容外科 新宿院電話link
東京中央美容外科 新宿院web予約link

目頭(目尻)切開

目の横幅を広げたい方へ。僅かな切開で印象が変わります。
目頭を広げて切れ長の目に、目尻を広げて優しい目に。ほんの僅かな切開で、大きく印象が変わります。

SUMMARY施術の概要

目頭切開

目と目が離れていると感じていたり、目が小さいなど目の大きさ自体でお悩みの方は目頭や目尻を切開することにより目、自体の大きさを改善させます。
目頭切開は目の横幅を改善させる方法です。その中でも目頭切開は1mmから5mmと実際の横幅を変える効果が高いです。
そして目尻切開は目頭切開と共に目の横幅を改善させる方法です。目頭切開は1mmから5mmと実際の横幅を変える効果が高いのに対し、目尻切開は実際の変化の幅は3mm以内とそれほど大きくありません。主に目尻を下げたりすることで起こる目の印象変化に特化しています。

  1. 施術時間

    30分程度

  2. ダウンタイム

    1週間

  3. 完成まで

    1ヶ月

  4. 通院

    1週間後に抜糸

こんな方にオススメ
目の横幅が小さい方
目の縦幅が小さい方
目の位置が気になる方
並行型の二重になりたい方

一般的な目と目の間の距離

目頭と目頭の幅が34~36mm位が一般的で、30mmだと寄り目、37mm~40mmで離れている印象を受けると言われています。
目頭切開ではこの目と目の距離を調節することが可能ですので目の印象を直接変えることが可能です。
逆により目になってしまうのではないかと不安に感じる方も多いと思いますが切開方法やデザインの仕方で様々な印象を作ることが可能です。

【目の縦幅が小さい】場合は【埋没法等の二重術】が有効

目の縦幅が小さい場合は埋没法などの二重術を行うと目の縦幅の印象が大きく変わり、くりっとした目もとの印象が得られます。但し目の絶対的大きさは変わらないのであくまでご自身の目のサイズがベースとなります。

目の横幅が小さい場合は目頭切開が有効

目の横幅が小さい場合は目頭切開が有効になってきます。目が離れている印象の方や目自体の大きさを可変させたい方などに適用しております。蒙古ひだをカットすることで涙丘(るいきゅう)と呼ばれる蒙古ひだに隠れた赤い部位が露出するためはっきりした目もとになります。

アジア人には一般的に蒙古ひだと言って目頭にひだが張っています。
ひだの張りが強すぎると目の横幅が狭くなってしまいます。

蒙古ひだが張っているかどうかは【目頭のところに、上眼瞼からつながる縦のラインがかぶさっているかどうか】で判断します。
この蒙古ひだを切開し涙丘(るいきゅう)を露出させる施術を目頭切開と言います。
目頭切開は目尻切開と共に1の目の横幅を改善させる方法です。その中でも目頭切開は1ミリから5ミリと実際の横幅を変える効果が高いです。
目頭と目頭の幅が34~36mm位が一般的で、30mmだと寄り目、37mm~40mmで離れている印象を受けると言われています。
またこの蒙古ひだが張っていると目頭側の二重の幅を広くするのが難しく末広型の二重は出来ても、並行型の二重を作るのは難しくなります。並行型の二重を望む方は目頭切開をした方がより自然な二重になるでしょう。

蒙古ひだが張っている目頭

蒙古ひだが露出した目頭

目頭切開の特徴

目頭切開・目尻切開は直接的に目の横幅を変化させる施術です。
目頭の蒙古ひだに切れ込みを入れて行くので若干の内出血や術後のダウンタイムは必要になって行きます。
目の位置やサイズを直接的に変えますのでミリ単位でも大きく印象が変わります。
ただし、切開を必要としますので後戻りができません。理想の形を目指す為にドクターと事前のカウンセリングをしっかりと行い術式・デザインをご相談ください。

PRICE料金一覧

基本施術プラン
目頭切開法 スタンダード 82,000円
目頭切開法 スーパーナチュラル 170,640円
目頭切開法 スーパーナチュラルロング 239,760円
目頭切開法 パーフェクト 291,600円

関連の施術はこちら