東京中央美容外科 新宿院
MENU
東京中央美容外科 新宿院電話link
東京中央美容外科 新宿院web予約link

COLUMN美容医療コラム

違いを理解して正しく選ぶ 二重整形の方法について

二重整形の方法について

「整形で二重まぶたにしよう!」そう思ったとき、美容整形の二重術にはどのような方法があるのかご存知ですか?
二重整形には「埋没法」と「切開法」があり、施術方法や持続期間、ダウンタイム(日常生活に復帰するまでに要する回復期間のこと)が異なるため、それらの違いをしっかりと理解してから方法を選択することが大切です。
この記事では、埋没法と切開法の特長や違いについて説明します。二重整形を検討中でしたら、ぜひ参考にしてみてください。

糸を使う「二重術埋没法」はどんな施術?

二重術埋没法は、メスを使わない「切らない二重術」です。
医療用の極細糸を用いて、まぶたと目の周りの筋肉や周辺組織を結び留めてしまうことで二重まぶたを作ります。まつげの生え際にある瞼板と皮膚を結ぶ方法や、挙筋という目を開ける筋肉に糸を通す方法などがあります。
処置にかかる時間は10分~20分ほどで、腫れや内出血が出ることは少なく、比較的ライトな美容整形です。

埋没法には、まぶたに糸を埋め込む箇所の数によって「1点留め・2点留め・3点留め」などと呼び方が変わります。二重のラインは、点ではなく線で固定するため、基本的には2点留め以上が推奨されます。
ただ、埋没法はまぶたを糸で固定するため、何らかの要因で糸が解けると、もとに戻ってしまうことがあります。
なるべく長期間二重のラインを維持するには、固定力を強くする工夫が必要となってきます。そのために、クリニックやドクターによっては糸の留める箇所を増やす、留め方を複雑にする、同時にまぶたの脂肪を取る、小切開を加えるなどの対応を行う場合があります。
また、まぶたを開く力が弱い方や、まぶたが厚すぎる方は埋没法の適応にならないこともあります。処置自体はできても、二重の幅が広くなりすぎてしまったり、糸が外れてもとに戻りやすくなってしまう可能性があります。

まとめると、埋没法のメリットは短時間で施術が可能で、ダウンタイムが短いこと、万が一の際はもとに戻すことができることが挙げられます。
手術というよりはプチ整形に近く、切開も抜糸も必要ないため、腫れが少なく日常生活への復帰も短いのが利点です。また、固定している糸を取り除けばもとに戻すこともできるため、完成した二重まぶたに納得ができなかった場合、幅を広げたり狭めたりという修正が可能です。
デメリットとしては、糸で留めるという性質上、切開法に比べるとどうしても、もとに戻ってしまう可能性が高いということがあります。

メスで切開する「二重術切開法」はどんな施術?

二重術切開法は、その名のとおりメスでまぶた周辺の皮膚を切開し、余分な皮下組織や脂肪を切除して縫合することで二重まぶたを作る治療法です。
まぶたの皮膚が厚く、埋没法ではすぐに糸が外れてしまう方向けの方法となります。施術の性質上、半永久的な二重まぶたを作ることが可能であり、戻らない二重を希望される方へ行う方法でもあります。
処置にかかる時間は40分~1時間ほど。切開を伴うため、1、2週間の腫れが生じます。切開部位の傷は赤みを伴いますが、3ヶ月ほどかけて白く目立たない薄い線となり、二重まぶたの完成となります。

希望する二重幅や皮膚の厚さにより、切開する範囲は異なります。一般的に広い二重幅を確保する場合や厚いまぶたに適応する場合に広い範囲を切開することを「全切開」、そうでない場合に若干の切開で対応することを「小切開」と呼びますが、どちらの場合もダウンタイムや完成までの期間は同じです。

切開法のメリットは、まぶたを開く力の弱い方や、まぶたの皮膚が厚い方でも、外国人のような平行型で幅広な二重まぶたを作ることができることにあります。そして何より、半永久的に二重まぶたを維持することができます。
ただし、半永久的というのは同時にデメリットにもなり得ます。切開法は皮膚と皮下組織、挙筋をしっかりと固定して癒着させるため、完成した二重まぶたが思っていたものと違っても、埋没法のようにもとに戻すことができません。ある程度の二重幅の修正は可能ですが、何度も切開を繰り返すと皮膚に負担がかかり、綺麗に仕上げることが困難になります。
また、埋没法と比べてダウンタイムが長く、術後1週間はお休みが必要なこと、目立つものではありませんが、目を閉じた際などに薄っすらと白い傷跡が残ってしまうこともデメリットとなります。

埋没法と切開法、どっちを受けるべき?

埋没法は糸による比較的ライトでもとに戻せる方法、切開法はメスを使う戻らないけど負担も大きい方法ということがわかりました。
では、実際に二重整形を受けるとなったとき、どちらの方法を選ぶとよいのでしょうか?

切開法を選択すれば、二重を作るのと同時にまぶたの余分な皮膚やたるみを除去し、目の開きやすさを改善することも可能です。
一方で、埋没法の場合は皮膚の除去はできませんが、短時間で大きな傷を作ることもなく二重にすることができます。
よって、まぶたの皮膚が厚い、目の開きが悪い方は切開法を、そうでない方は埋没法を選択したほうがよいとされます。

二重まぶたの持続期間については、個人差はありますが埋没法は3年~5年ほどで糸がほどけやすくなってしまい、ふとしたきっかけで取れてもとに戻ってしまう可能性があります。対して切開法は半永久的な効果が見込めるものの、同時に万が一の際のやり直しや修正が困難になってしまいます。
ですので、まずは埋没法を行い、体質的に糸が外れやすく戻ってしまうようなら切開法を検討する、というのが一般的におすすめとされている流れです。

ダウンタイムで比べてみると、組織の切除などを伴う手前、どうしても切開法は腫れる期間が長くなってしまいがちです。
しっかりとお休みを取ることが可能な方は切開法を行うことも可能ですが、なかなかお休みが取れないという方は、まずは埋没法を検討してみたほうがよいでしょう。

その他の違いとして、埋没法の場合、傷跡は糸を通すだけの小さなものですが、切開法の場合は時間経過で目立たなくなるとはいえ、数cmほどの傷が残ってしまいます。
これらを鑑みると、切開法の方は危険な施術なのではと思う方も多いかもしれませんが、安全性という点ではふたつの治療法に差はありません。埋没法の場合特有のリスクとして、糸が切れてしまったために目のゴロゴロ感が出てしまったり、酷いケースでは埋め込んだ糸が眼球を傷つけてしまうこともあります。

気をつけなければならないのは、埋没法だから安心、切開法は危険といった安易な考えは誤りであるということです。ふたつの二重術にはそれぞれにメリットとデメリットがあり、かつ医療行為である以上、どちらにも施術を行うリスクは存在します。
それぞれの方法がどういうものなのか、しっかりと理解した上で、入念なカウンセリングのもと、信頼できるドクターに対応してもらうことが大切です。